お知らせ

ホーム>お知らせ
ブログ

青森駅前ビーチ運営のため志田内海と安全協議会より寄付金贈呈しました

寄付金贈呈式

志田内海調査隊隊長のシラトリでございます

令和4年4月25日 八甲田丸にて、志田内海㈱・志田内海安全協議会からNPO法人あおもりみなとクラブへ寄付金贈呈式を行いました

あおもり駅前ビーチの環境保全や子どもたちの体験学習事業などに役立ててくださいとの思いで、チームシソラの代表である、あおもりみなとクラブさんへ寄付いたしました。

今回寄付した金額は志田内海㈱が100万円、志田内海㈱安全協議会が100万の合計200万円。

志田内海株式会社は共存できる社会を目指しており、私たちにできることは何だろうを常に考えており、この度の寄付もその一環です。


志田内海㈱とあおもりみなとクラブさんとの関係性

あなたはチームシソラ(TEAM CISOLA)をご存知でしょうか?

チームシソラは企業体の名称であり、あおもり駅前ビーチの管理・運営を県から委託されています。

あおもりみなとクラブさんはチームシソラの代表で、志田内海株式会社はチームシソラの一員です。


今回の寄付のきっかけになったこと


志田内海では昨シーズン、チームシソラの一員としてあおもり駅前ビーチの清掃をほぼ毎日しておりました。

浜辺には日々大量のごみが漂着します。

プラスチックごみや海藻類、ペットボトルが大量に…なんて日もありました。

このごみはチームシソラが処分するのですが、もちろん無料というわけではありません。

そこで清掃費にしてほしいと寄付に至ったわけです。


令和3年8月10日台風9号通過後の浜辺

あおもり駅前ビーチ
特にすごかったのが台風の影響を受けた時の浜辺です。

志田内海は業務で浜辺の清掃をしたのですが、ブルーピース青森の方々がボランティアで参加してくれました。

その時の様子をブルーピース青森 Mihai Apostu OotaさんがYouTubeにUPしていますのでご紹介いたします。

彼はイケメンで日本語がペラペラ。津軽弁も理解しているようでわが社の池田(2:23頃にでてくる黒いおじさん)のネイティブ津軽弁とも会話してたみたいです。

あおもり駅前ビーチは多くのボランティアの方々のお力をかりてキレイを維持しています。

ごみをきちんと処分することや、リサイクルすることは個人ができるSDGsの取り組みのひとつ。

未来のこどもたちへ青森の豊かな自然を残すために、あなたもSDGs意識してみませんか?

ISO
エコアクション21 環境活動レポート
イクボス宣言